「何文字書けば上位に表示される?」とよく質問されます。

私の答えは「キーワードによるし、文字数がすべてではない」です…。

「じゃあ結局、何文字書けばいいんだ!?」と困ってしまいますよね。

そこで今回は1記事で何文字書けばいいのか目安を知る方法を紹介します。

ステップ1.「ラッコキーワード」にアクセスする

ラッコキーワード

上位20記事の文字数を確認するために「ラッコキーワード」という無料ツールを使います。

ステップ2.調べたいキーワードを入力する

ラッコキーワード

検索窓に調べたいキーワードを入力します。

avatar
例として「SEO 文字数」を調べてみますね。

「サジェストプラス」と表示されている部分をクリックするとツールを選べます。

「見出し抽出」を選択し、検索マークをクリックします。

ステップ3.平均文字数が表示される

ラッコキーワード

10秒ほど待つと、上位20サイトの情報が表示されます。

  • 平均文字数
  • 平均見出し数
  • タイトル
  • URL
  • 見出し数
  • 文字数
avatar
「SEO 文字数」というキーワードで一番短い記事は2033文字、20記事の平均は7991文字ですね。

この結果を参考に、1記事あたりの文字数を設定しましょう。

上位表示の条件は文字数だけじゃない

「ラッコキーワード」を使うと、2,000文字〜3,000文字の記事でも20以内に入っていることが分かります。

文字数が少なくても上位に食い込むんですね。

実際に、Googleのジョン・ミュラー氏も「文字数はコンテンツの品質を示していない」といった内容をツイートしています。

私も&Mihaiさんと同じ意見です :)。文字数は品質を示すものではありません。何も語らないのに文字数が多いページもある。クエリに関連する重要な単語がほとんどないページもある。自分のコンテンツを一番よく知っているのはあなたであり、そのコンテンツに詳細が必要かどうかを判断することができます。

Googleのジョン・ミュラー氏の投稿 – DeepLによる翻訳

文字数が多い=上位表示ではなく、ユーザーの欲しい情報を載せている=上位表示なんです。

「とりあえず5,000文字書けばいいんだ」「文字数稼ぎすればいいんだ」とは考えないようにしましょう。

まとめ

今回は1記事で何文字書けばいいのか目安を知る方法を紹介しました。

1記事で何文字書けばいいのか目安を知る方法

ステップ1.「ラッコキーワード」にアクセスする
ステップ2.調べたいキーワードを入力する
ステップ3.平均文字数が表示される

上位20サイトの文字数を調べると「どのくらい書けばよいか」の答えに近づけます。

ただし、文字数の多さはランキングに直結しない、という点を忘れずに。