「記事を書くのに時間がかかる…」「書いても反応が少ない…」

今よりササッと書けて、しかも問い合わせや注文が増えるなら嬉しいですよね。

文章の型(=文章構成)を知っていれば実現できるかもしれません。

そこで今回はおすすめの文章構成を5つ紹介します。

初心者はまずこれ「PREP法」

文章を書くの、苦手だな…と思っているなら、まず「PREP(プレップ)法」を身につけましょう。

よく使われる文章構成なので、一度は聞いたことがあるかもしれません。

「PREP法」は論理的な文章を書くための型です。

  • P:Point 結論
  • R:Reason 理由
  • E:Example 具体例
  • P:Point 結論

読み手は、結論を知った上で「どうして?」「例えば?」が確認できるため理解しやすいでしょう。

検索している人の立場になってみてください。

疑問や悩みを解決したくてキーワードを入力していますよね。

例えば具体的な文章の型を知りたくて、「文章構成」というキーワードで調べたとします。

最初の見出しが『「文章構成」とは』だったらガッカリするでしょう。

「PREP法」は先に結論を伝えることで、自然と続きを読みたくなる文章構成です。

共感から始まる「PASONAの法則」

反応を増やしたい場合は「PASONA(パソナ)の法則」が有効です。

主にランディングページやダイレクトメールに活用されます。

論理的に展開していく「PREP法」と比較して、「PASONAの法則」は心理的に揺さぶりをかけます

  • P:Problem 問題
  • A:Agitation 扇動
  • SO:Solution 解決策
  • N:Narrow down 絞込
  • A:Action 行動

読者の問題を明らかにし、解決案を提示して行動へ促します。

具体的な例を挙げてみましょう。

ターゲットは体型を気にしているがジムが長続きしない30代男性です。

  • P:ジムに入会しても、結局続かない…とお悩みのあなたへ
  • A:このままではお腹が出てきて、奥さんや子どもに「パパかっこわるい」なんて言われてしまうかも…。
  • SO:そこでおすすめなのが、手厚いサポートが人気の〇〇ジム。パーソナルトレーナーが、トレーニングやマシンの使い方・食生活やホームケアも教えてくれます。今度こそ続けられるはず!
  • N:ただいま入会キャンペーンを開催中!5名様限定で、1ヶ月分が無料!
  • A:体験予約はこちら

読んでいくうちにだんだんテンションが上がり、ついボタンを押したくなるんですよね。

心を射止める「QUESTの法則」

商品・サービスがある程度知られている場合、「QUEST(クエスト)の法則」が役立ちます。

  • Q:Qualify 絞り込む
  • U:Understand 理解する
  • E:Educate 教育する
  • S:Stimulate 刺激する
  • T:Transition 変化させる

商品名を検索→興奮→購入という形でスムーズに成果へと導きます。

大事なのは、「どんな人に向けたページなのか?」をアクセスした瞬間に分かってもらえるようにすることです。

「この商品なら、あなたの悩みを解決できますよ」とアピールしましょう。

そしてSのパートでベネフィットを提示し、「これは必要だ!」「買わなきゃ!」と購買意欲を高めます。

「QUESTの法則」を活用して、ページに訪問した人の心を射止めましょう。

要点がもっと伝わる「SDS法」

「で、結論は?」と言われた経験はありませんか?

「SDS法」は結論を2書くため、読み手が理解しやすい文章構成です。

  • S:Summary 要点
  • D:Details 詳細
  • S:Summary 要点

要点から始まり、細かい内容を説明、もう一度要点を伝えています。

ニュースやプレゼンテーションによく使われる型で、1,000文字程度の記事とも相性が良いです。

「SDS法」では要点を繰り返すため、読み手が情報を整理・記憶しやすいと言えます。

商品が売れやすい「AIDMAの法則」

「AIDMA(アイドマ)の法則」は古くから使われているマーケティングのフレームワークです。

消費者の購買行動を指しているのですが、文章作成にも応用できます。

  • A:Attention 注意
  • I:Interest 興味
  • D:Desire 欲求
  • M:Memory 記憶
  • A:Action 行動

商品を買ってもらうにはまず知ってもらわなければいけません。

Aをサイト運営に当てはめると「キーワードを選定して、アクセスを増やす」につながります。

その後「どんな商品なのか」「どんなベネフィットがあるのか」を説明し、記憶に残るように印象づけます。

多くの人は、「いいかも」と思ってもその場で購入しません。

何度も接触することで「欲しい」と思った記憶を強化し、成果へとつなげていきます。

合わせて知っておきたい「AISASの法則」

「AIDMA(アイドマ)の法則」と合わせて知っておきたいのが「AISAS(アイサス)の法則」です。

「AISASの法則」はネットでの行動に触れられています。

  • A:Attention注意
  • I:Interest興味
  • S:Search検索
  • A:Action行動
  • S:Share共有

あなたも何かを買う前は、Googleでホームページを探してみたり、SNSで口コミを読んでみたりしますよね?

ネットでポジティブな情報を提供できれば、その分成果につながりやすくなります。

「AISASの法則」も頭に入れて、どんな記事を書けばいいかを考えてみましょう。

まとめ

今回はおすすめの文章構成を5つ紹介しました。

おすすめの文章構成

初心者はまずこれ「PREP法」
共感から始まる「PASONAの法則」
心を射止める「QUESTの法則」
要点がもっと伝わる「SDS法」
商品が売れやすい「AIDMAの法則」

文章の型をうまく使えば、時間短縮と成果アップ、どちらも叶えられるはずです。