ホームページ運営を続けるコツは「迷う時間を減らすこと」。

特に時間に追われている、ひとり社長は要注意です。

「分からない」「どうしよう」と思っているうちに、仕事が忙しくてつい後回しにしてしまった…。

これは私の経験ですが、きっとあなたにもあるでしょう。

そこで今回はホームページ運営で迷わないために、決めておきたい6つのルール(+私の例)を紹介します。

ルール1.更新頻度

更新頻度は週1回がおすすめです。

「毎日更新する!」と高い目標を立てても、続かなければ意味がありません。

できる範囲で大丈夫です。

記事を書く時間と更新予定時間を決めて、習慣にしましょう。

リンキープス

私の更新頻度ルールはこちら。

  • 火・木・金の夜6時から20分、記事を書く
  • 毎週水曜日の夜7時にアップする
  • 火曜には下書き投稿し、サムネや装飾を行う

あなたも「いつ」「何をするか」ルール化してみてください。

本当に週1回でいいの?

他社はどのくらいの頻度でホームページを更新していると思いますか?

毎日?週3回?1週間に1回?

中小企業庁の調査によると、実は最も多いのは「数ヶ月に1回(28.5%)」。

そして「数年に1回(17.5%)」、「更新していない(17.5%)」、「月に1回(14.1%)と続きます。

高頻度に更新する会社はとても少なく、「毎週(3.9%)」「週に2〜3回(2.9%)」「毎日(1.6%)」。

週に1回の更新を続ければトップ10%に入れるんですよ。

参考:2 IT の導入の状況 中小企業庁委託「ITの活用に関するアンケート調査」(2012年11月、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株))

ルール2.記事の内容

ホームページには見込み客が「知りたい」「勉強になる」内容をアップします。

理想は「記事を書く前に、何を書くか決まっている」状態。

ペルソナが定まっていればキーワードが絞れますし、ホームページの目標に合わせて方向性も決まります。

あとは手を動かすだけなので執筆時間を短縮できます。

もし記事を書く度にペルソナやキーワードを決めているのなら、1記事に5〜6時間はかかるでしょう。

しかも1記事ごとにペルソナが違うので他のページを読む割合も少なく、お問い合わせや注文につながりにくくなります。

少なくとも「誰に」「何を伝えて」「どうなって欲しいか」は決めておくべきでしょう。

リンキープス

私は「がんばっているのに成果が出ないひとり社長」に向けて、「ホームページ運用を実践できるように」「具体例を交えて」書くようにしています。

ルール3.トンマナ

トンマナ(トーン&マナー)は、本来デザインに統一感を持たせるために決めるルールです。

文章においても文体や表記の仕方を揃えるために使われます。

表記ゆれがあると文章が読みにくくなるので、あらかじめトンマナを作りましょう。

  • 文体:「です・ます調」か「だ・である調」か?
  • 英数字:半角か全角か?
  • カッコ:【】・「」・『』・()の使い分け
  • 漢字かひらがな:「時」か「とき」・「事」か「こと」・「出来る」か「できる」
  • アルファベットか英語:「Google」か「グーグル」・「Webサイト」か「ウェブサイト」
リンキープス

トンマナはこだわるとドンドン細かくなってしまいます。とりあえず「文体」と「英数字」だけ決めましょう。

ルール4.文字数

それぞれの文字数について目安を決めます。

「読者の知りたい情報に答えるために、できるだけ長くしよう」と考えるのは逆効果。

読者が「文字数稼ぎ」「いつまでたっても要点にたどり着かない」と思えば、すぐに離脱するからです。

1記事につき1つのテーマを決めて、簡潔にまとめましょう。

リンキープス

私の文字数ルールはこちら。

  • 1記事あたり:1,500〜2,000文字
  • 1見出しあたり:300〜500文字
  • 1行あたり:20〜40文字
  • タイトル:25〜32文字

長すぎず短すぎず、ちょうどいいバランスを見つけてください。

ルール5.サムネイル画像

画像のサイズや配色を統一すれば、時短にもブランディングにもつながります。

スマホ撮影画像・PC画面のキャプチャを掲載する人は見た目がバラバラになりがちなので、注意しましょう。

リンキープス

私のサムネイル画像ルールはこちら。

  • 画像を入れるタイミング:見出し下
  • 画像サイズ(幅・高さ):800 × 533 px
  • メインカラー:水色(B0D7F4)
  • 字体:IPAex明朝・ふい字

ちなみにサムネイル作成はデザインツールCanva(キャンバ)を使っています。

ルール6.記事の装飾

適度な装飾は記事の読みやすさをアップします。

単調さをなくし、最後まで読み進めてもらえるよう工夫しましょう

リンキープス

私の記事の装飾ルールはこちら。

  • マーカー:オレンジ
  • 太文字:1見出しにつき1文
  • 枠(ボックス):注意点は赤
  • 吹き出し:自分の意見や補足を言いたいとき。1見出しにつき1回まで

まとめ:ホームページ運営ルールを決めて、もう迷わない

今回はホームページ運営で迷わないために、決めておきたい6つのルールを紹介しました。

ホームページ運営ルールがあれば迷わない

  • ルール1.更新頻度
  • ルール2.記事の内容
  • ルール3.トンマナ
  • ルール4.文字数
  • ルール5.サムネイル画像
  • ルール6.記事の装飾

最初から完璧に設定するのは難しいので、あとから変更することになるでしょう。

それでも、「ルールをまったく決めずに1記事ごとに悩み、挫折してしまう」ケースは防げるはずです。

ホームページ運営を迷わずに行うため、6つのルールを考えてみてくださいね。