「この言葉、漢字がいい?ひらがながいい?」と迷うことはありませんか?

漢字で表現できる言葉をひらがなであらわすことを「ひらく(開く)」と言います。

漢字とひらがなのバランスは「3:7」がよいとされていますが、具体的にどの漢字をひらけばいいのかイマイチわからないんですよね。

そこで今回は、4,000記事以上書いたライターが「漢字をひらく」基準を紹介します。

基準1.読み方が複数ある漢字はひらく

「訳(やく / わけ)」のように同じ漢字なのに、読み方や意味が複数ある言葉ひらきます。

読者が「どっちだろう?」と迷わずに済むので、最後までスムーズに読まれる確率が上がります。

漢字ひらく1ひらく2
やくわけ
かたほう
辛いつらいからい
行ったいったおこなった
一時いちじいっとき
下手へたしたて
上手じょうずかみて
人事じんじひとごと
夫婦ふうふめおと
何時なんじいつ
生物いきものせいぶつ
細々こまごまほそぼそ
銀杏いちょうぎんなん
臭いにおいくさい
開けるあけるひらける
汚れよごれけがれ
空いたあいたすいた
止めるとめるやめる

基準2.使い分けに迷う漢字はひらく

同じような意味を持つ漢字、使い分けに迷ったらひらがなでOK!

もし読んでいる人が「この漢字違うんじゃない?」と考え始めてしまったら、記事の内容が頭に入らないですよね。

漢字を調べに別のページに飛んでしまうかもしれません。

「どっちの漢字だっけ?」と迷うような漢字は、ひらがなで濁すのもひとつの手ですよ。

ひらく漢字1漢字2
かわる変わる代わる
かたい硬い固い
みる見る観る
きく聞く聴く
のぼる登る上る
あたたかい温かい暖かい
はかる図る測る
もと

基準3.意味を持たない漢字はひらく

「そんなこと、これまで知らなかった」の「こと」は形式名詞に分類されます。

形式名詞とは、それ自身には実質的な意味がない名詞。

形式名詞はひらがなで表記するのが一般的です。

漢字ひらく例文
ことそんなこと、これまで知らなかった
もの人の性格はなかなか変わらないものだ
とき今度あったときに話すよ
ところいまから出かけるところです
はずきっと上手くいくはず!
通りとおり彼の言うとおりだった
ため何のために生まれて何をして生きるのか

基準4.丁寧な言葉の漢字はひらく

丁寧な言葉遣いでは漢字を多く使いがち。

特に敬語(謙譲語・尊敬語・丁寧語)を使う文では、漢字とひらがなのバランスが偏りますよね。

しかし漢字が多い文章は「堅苦しい」「難しい」といった印象を与えてしまいます。

最後まで読まれずに離脱されてしまうかも…。

記事では読みやすさを優先して、積極的に開きましょう。

漢字ひらく例文
予めあらかじめあらかじめご了承ください
致しますいたしますご連絡いたします
下さいくださいご確認ください
頂くいただくお越しいただき、ありがとうございます
御座いますございますお越しいただき、ありがとうございます
及びおよび乗客および乗務員
更にさらにさらに効果が期待できます
なおなお、詳細はこちらをご覧ください
何卒なにとぞなにとぞよろしくお願いいたします
宜しくよろしくなにとぞよろしくお願いいたします
後程のちほどのちほどお電話しますね
尤ももっともごもっともな質問です
大変たいへんたいへん長らくお待たせしました
未だいまだいまだに返事が来ない

まとめ:「漢字をひらく」基準を知って、読みやすい文章をすばやく書こう

今回は4,000記事以上書いたライターが「漢字をひらく」基準を紹介しました。

「漢字をひらく」基準を知って、読みやすい文章をすばやく書こう

基準1.読み方が複数ある漢字はひらく
基準2.使い分けに迷う漢字はひらく
基準3.意味を持たない漢字はひらく
基準4.丁寧な言葉の漢字はひらく

4つの基準を覚えれば、「この言葉は漢字か?ひらがなか?」と悩む時間が短くなりますよ。

適度に漢字をひらいて、読者に「読みやすい」と思ってもらえる記事を目指しましょう。