「商品に自信はあるのに、なかなか売れない…。」

そんなときに活用して欲しいのがマーケティング心理です。

マーケティング心理に沿って文章を書けば、”放置しても売れる”状態を目指せます。

今回は文章で人を動かすために、知っておきたいマーケティング心理7選を紹介します。

禁止されるとやりたくなる「カリギュラ効果」

「カリギュラ効果」とは、禁止されると逆にやりたくなる心理現象のことです。

代表的な例は、鶴の恩返しの「覗かないでください」。

「覗いちゃダメ」と禁止されたからこそ覗いてしまう、人間の心理を表しています。

他にも、こういった文言を見たことはないでしょうか。

  • 絶対に見ないでください
  • 閲覧注意
  • 本気で痩せたい人以外は使わないでください

禁止されると、逆に気になって動画を再生したり、文章を読んだりしてしまいます。

記事タイトルに「カリギュラ効果」を使えば、記事のアクセス数が増えるでしょう。

ターゲットの心をつかむ「カクテルパーティ効果」

ざわざわと騒がしいカフェの中でも、名前を呼ばれたら反応できますよね。

これは「カクテルパーティ効果」と呼ばれる心理です。

自分に関係すること・関心を持っていることは、情報が溢れている中でもしっかりキャッチできます。

情報発信するなら、「カクテルパーティ効果」はぜひ取り入れたいテクニック。

読んだ人に「俺(私)のことだ」と思ってもらえるようなメッセージを考えてみましょう。

  • 個人事業主にはこの時短ツール!無料3選
  • 投資を始めたい社会人に!おすすめ金融商品3選
  • 今の仕事に不安を抱える30代男性が行うべき5つのこと

「カクテルパーティ効果」を活用すれば、興味を持ってもらえる確率が上がるのです。

評判が後押しする「バンドワゴン効果」

「バンドワゴン効果」とは、他の人が選んだものを自分も欲しくなる心理を言います。

  • 全米が泣いた
  • 国内シェアNo.1
  • 飛ぶように売れています!
  • 利用者1万人突破

ネット通販の口コミや評価も「バンドワゴン効果」の一種と言えます。

「みんなが選んでいるんだから買ってみようかな」「みんな使っているから、これを選べば大丈夫でしょ」と思うのが、人間の心理です。

ホームページではお客様の声や導入事例を充実させると、購入を後押しできます。

自分だけのものが欲しくなる「スノッブ効果」

人間は流行に遅れたくない反面、他の人とカブりたくないという気持ちも持っています。

例えば、自分と友人が同じ服を着ていることに気付いて、恥ずかしかった…という経験、あなたにもきっとあるでしょう。

「自分だけのものが欲しい」「珍しいものが欲しい」、この心理を「スノッブ効果」と言います。

「スノッブ効果」の具体例を見てみましょう。

  • 地域限定
  • 数量限定
  • 在庫限り
  • 期間限定
  • 先着◯名様
  • 会員様だけの特別価格

限定することで「買わなきゃ損!」「早く注文しなきゃ!」と思わせるキャッチコピーになります。

avatar
「スノップ効果」と「バンドワゴン効果」は対照的な効果なので、あわせて覚えましょう。

同じ意味でも印象が違う「フレーミング効果」

「フレーミング効果」とは、つまり「物は言いよう」です。

同じことでも言い方によって相手の受け取り方が変わます

  • 月額1万円 ⇔ 1日あたり333円
  • クレーム発生10% ⇔ お客様満足度90%超え
  • 果汁以外が80% ⇔ 果汁20% 
  • 失敗率5% ⇔ 成功率95% 

伝え方によって欠点が見えなくなり、売れなかった商品も売れやすくなるのです。

お返ししたくなる「返報性の原理」

「返報性の原理」とは相手からの好意や敵意に対して、“お返し”をしたくなる心理です。

例えば「好きです」と言われてから急に気になり始める…これは「返報性の原理」の一種です。

ビジネスに応用すると…

  • 無料お試しをもらったから、買おうかなと思う
  • スーパーで試食品を食べたから、購入したくなる
  • 洋服を試着させてもらうと、買いたくなる
  • セミナーで教えてもらったから、問い合わせしたくなる

実際に商品を使ってもらったり、食べてもらったりすることで“お返し”をしないと…という気持ちにさせているのです。

「返報性の原理」をうまく使えば、購買意欲を高めさせることができます。

心理的ハードルを下げる「マッチングリスク意識」

もし商品が自分に合わなかったらどうしよう…」という不安を感じる心理が「マッチングリスク意識」です。

この意識は、値段の高い安い関係なく働くと言われています。

「マッチングリスク意識」への対策は、安心材料の提供です。

  • お客様の声や口コミ・☆評価を掲載する
  • 返品・返金対応を保証する
  • 商品の良い点だけでなく、あえて悪い点も伝える
  • 無料でのお試し期間を設ける
  • 長期保証制度をつける

お客様の不安(マッチングリスク意識)を軽減すると、スムーズに購入へと進んでくれるでしょう。

まとめ

今回は文章で人を動かすために、知っておきたいマーケティング心理7選を紹介しました。

文章で人を動かすマーケティング心理

禁止されるとやりたくなる「カリギュラ効果」
ターゲットの心をつかむ「カクテルパーティ効果」
評判が後押しする「バンドワゴン効果」
自分だけのものが欲しくなる「スノッブ効果」
同じ意味でも印象が違う「フレーミング効果」
お返ししたくなる「返報性の原理」
心理的ハードルを下げる「マッチングリスク意識」

お客さんの心理を知ることで、お問い合わせや注文・資料請求につなげられます。

文章で購買意欲を高めて、ホームページからの受注を目指しましょう。