「ホームページのアクセスは増えたのに、問い合わせにつながらない…。」

コンバージョン率(CVR)が上がらないその理由は導線にあるかもしれません。

200サイト関わって分かったのは、「離脱を促しているケース」が多いことです。

そこで今回はホームページ導線設計で陥りやすい落とし穴を紹介します。

1.サイドバーで目移り

あなたのホームページではサイドバーを表示していますか?

これまではサイドバー有り(2カラム)が主流でしたが、最近はサイドバー無し(1カラム)が人気です。

サイドバーを設置すると情報量が増え、回遊率が上がります。

その一方で導線とは異なる動きをしてしまいがち。

ホームページの目的が売上ならコンバージョン率(CVR)が最優先。

サイドバーの「人気記事ランキング」や「カテゴリ」に目移りさせず、「お問い合わせ」や「資料請求」まで誘導すべきです。

1カラムのほうが記事に集中でき、最後まで読んでもらえます。

なんとなくサイドバーを表示させているくらいなら、非表示に切り替えてみてください。

リンキープス

このホームページも1カラムです。

2.いきなりWebプッシュ通知

「〇〇からの通知を許可しますか?」

初めて訪れたWebサイトで、このようなポップアップを見たことがあるでしょう。

思わず「拒否」を選んでいませんか?

このときの気持ちは「早く記事読みたい。うざい。」ですよね。

「なんか嫌だ、別のサイト見に行こう。」とも思うかもしれません。

WebブラウザのFirefox調べによると、Webプッシュ通知を表示されて「拒否」を選ぶ人が99%だそうです。

アクセスした人ほぼ全員に、一瞬でマイナスイメージを与えているんですね。

その心理状態で「他のページ見てみよう」「サービスを購入しよう」となるでしょうか?

アクセス直後のWebプッシュ通知は購読者を増やせない上に、見込み客をみすみす逃していると言えます。

3.ページ分割でPV底上げ

「次のページを読む」。

記事をいくつかに分ける、「ページ分割」や「ページネーション」と呼ばれる手法を使っていますか?

ページ分割の良いところはPV数を稼げる点です。

ひとつの記事を10分割すればPVは10倍、PV目標を楽々クリア!!

…確かにPVは上がるのですが、コンバージョン(CV)率は上がりません。

ユーザーは「欲しい情報を早く見つけたい」と思っています。

余計なクリック・タップはしたくないし、読み込み時間がかかるのは嫌。

つまり、ページ分割は最後まで読まずに離脱する人が増えます

細切れの「次のページへ」は即やめましょう。

4.CTAを表示しない

重要なのに、意外と忘れがちなのがCTAです。

CTAとは「Call To Action」の略で、日本語では「行動喚起」と言います。

記事の途中や直後にCTAを表示させ、以下のような行動を促します。

  • 購入
  • 資料請求
  • お問い合わせ
  • 会員登録
  • クーポン獲得
  • ホワイトペーパー獲得

コンバージョン率(CVR)を高めたければ、ユーザーに「何をして欲しいのか」明確にしましょう。

5.離脱防止ポップアップ

想像してみて下さい。

ふらっと服屋に入ったものの、特に欲しいものがなさそうだ。

帰ろうとしたら、突然声をかけられる。

「ちょっと待ってください!今だけ30%オフなんですよ!」

…いや、もう帰るので…。

嫌になりますよね。

それがホームページ上の離脱防止ポップアップ。

「閉じるボタン」や「戻るボタン」を押したときに、ポップアップを表示して引き止めているのです。

無理やり導線に戻そうとするのはやめましょう。

もしかしたらユーザーは他のサイトと比べるために一旦閉じただけかもしれません。

ゴリ押ししてくるホームページに、再度戻ってこようと思うでしょうか?

リンキープス

ユーザーにストレスを与えるホームページは嫌われてしまいます。

まとめ:HP導線設計の落とし穴を回避しよう

今回はホームページ導線設計で陥りやすい落とし穴を紹介しました。

HP導線設計の落とし穴を回避しよう

  • 1.サイドバーで目移り
  • 2.いきなりWebプッシュ通知
  • 3.ページ分割でPV底上げ
  • 4.CTAを表示しない
  • 5.離脱防止ポップアップ

導線設計で大切なことは「ユーザーの立場になって考える」ということです。

ユーザーの気持ちに寄り添った、分かりやすい導線設計ができれば、コンバージョン率(CVR)改善につながるでしょう。