「どうやって単価交渉してるの?」

初心者Webライターによく聞かれる質問です。

私は1文字3円以上しか対応しません

(ウソだと思う人はココナラのサービスを見てください。1文字3円でも100件以上売れてます。)

1文字0.5円〜1円で受けている方は「なんでそんなに高いの?」って不思議に思いますよね。

理由は単価交渉を成功させるコツを知っているから。

1文字3円Webライターになるために、最後まで記事を読んでくださいね。

相場は1文字◯円

ライティングの相場は1文字あたり1円です。

クラウドワークスが運営するメディアではこのように書かれています。

初心者のライターであれば1文字0.5円程度、ベテランライターであれば実績によって3円以上の高単価が設定されるケースもあります。

WEBライターの相場は?種類別の記事単価の決め方を解説 | クラウドソーシングTIMES[タイムズ] | 

もし1文字0.5円なら、3,000文字書いてもたったの1,500円。

クラウドソーシングを使っている場合はさらに手数料も引かれますから、手元に残るのは1,000円程度でしょう。

う〜ん、低い!

3,000文字を3時間で書き上げても時給300円ですからね…。

とにかく単価を上げる、これが収入アップにつながるのは間違いないです。

1文字3円を目指そう

私も最初は1文字0.5円からスタートしてますが、今は3円です。

なんで3円に上がったの?

そんな高い案件があるなんて信じられない!

と言うライターもいます。

私も同じ立場だったので分かります。

実際、最初の数ヶ月は苦しみました…。

でも1文字3円に引き上げると、稼げるスピードがぐんと代わりました。

3,000文字書けば9,000円!

1文字0.5円の1,500円とは大違いですよね。

私自身困った経験があるから、あなたにも「単価を上げるコツを早めに知って欲しい」と思うのです。

こんな単価交渉は失敗する!

残念ながら、お客さんから「もっと報酬上げるよ」と提案してくれるケースは稀です。

自分から単価交渉しないといけません。

ですが、むやみに「もっと単価上げてください」って言っても、お客さんは「うん」とは答えません。

むしろ関係が悪化し、次の依頼がもらえなくなるかもしれません…。

ここでは単価交渉が失敗する例を紹介するので、必ずチェックしてください。

失敗例1:いきなりお願いする

初めてのお客さんに「1文字3円にしてください」とお願いしても、成功率は限りなく低いです!

単価交渉を行うのは信頼関係を築いてから

3回以上の納品または3ヶ月以上のお付き合いをしてからにしましょう。

失敗例2:納得できる理由がない

「1文字0.5円は低すぎっしょ…。」と思っているあなた、もちろんそのまま伝えたらアウトですよ(笑)

  • 安いから
  • 私がんばっているから
  • 生活できないから

こんな理由を言われても、お客さんは「知らんがな」状態です(笑)

私も発注する時もあるので分かるのですが、「だったら引き受けなければいいじゃん、他の人に頼むから」なんですよね。

失敗例3:仕事量は変わらない

初心者ライターの中には、値上げはお客さんの金銭的負担を増やす事実に気づいていない人が多いんです。

頭では分かってるけど心がついていかない、というか。

だから、こうやって軽々しく言えるんですよね。

仕事量は変えないけど単価だけ上げて欲しい

まるで、容量は変わらないのにいつの間にか値上げしたチョコレートのよう。

お客さんにイラッとされたら、次の案件は来ませんよ。

単価交渉を成功させるコツ

単価交渉を成功させるには、納得してもらうのが大事。

お客さんに「価格以上のメリットがあるんです」と理解してもらうんです。

3つのコツを押さえて、単価交渉に挑みましょう。

コツ1:信頼関係を築く

3回以上の納品または3ヶ月以上のお付き合いをすると、お互いに性格が分かってきます。

私が単価交渉でよく使うのは

予算いくらです?

と聞く方法です。

信頼関係が成り立っているからこそできる質問ですよね。

相手も正直に答えてくれるので、予算内に収めながら最大限に貢献できる内容を提案します。

お客さんのお財布事情も考えながら交渉しましょう。

コツ2:効果を明らかにする

納品した記事のお陰で効果が出た」と証明できると、お客さんも納得してくれるはず。

例えば、

  • SNSのいいね・RTが増えた
  • アクセス数が増えた
  • お問い合わせ・成約数が増えた

などが分かりやすいですね。

アクセス解析も提案してみよう!

お客さんによってはSNS運用やサイトのアクセス解析をしない人もいます。

その場合は、記事納品だけでなくアクセス解析も提案しましょう。

私はGoogle アナリティクス(Analytics)を共有してもらい、納品記事のアクセス数を伝えます。

ついでにウェブ解析士の観点からサイト全体の改善点も教えます。

資格を持っていない人も大丈夫!

アクセス数の確認や基本的なアドバイスだけでも喜ばれますよ。

数字は説得力が強いですから、交渉材料として使ってください

コツ3:仕事量を増やす

単価上げてください、その分仕事も増やします。

初心者が一番やりやすい交渉ではないでしょうか?

記事を外注する人は、自分で書けないから頼んでるんですよね。

書けない理由は「ライティングスキルが低い」だけではなく、「面倒くさい」とか「時間がない」とか。

納品テキストから自分でWordPressに入稿しているお客さんは、内心イヤだなと思ってるんです。

作業を代行してくれる人がいるならお金を払ってもいいんです。

だから、記事納品プラスアルファでこういった提案をしましょう。

  • WordPressに直接入稿する
  • パーマリンクを入力する
  • 見出し・装飾を挿入する
  • フリー画像の選定・挿入する
  • アイキャッチ画像を作成・設定する
  • メタタグを設定する

「WordPress分からない」なんて言ってられない

万が一WordPressの使い方が分からないなら、絶対に勉強すること!

案件応募時、自分で運営しているサイト・ブログがある人は選ばれやすいです。

1文字3円の案件もグッと獲得しやすくなりますよ。

まだ自分のWordPressを持っていないなら即作ってください。

正直言って、WordPressを使えないライターなんて文字単価0.5円止まりです。

コピペOK!単価交渉テンプレート

ここでは単価交渉時に送るテンプレートを載せました。

そのままコピペして使ってもOKですが、できるだけ自分の状況に合わせてくださいね。

今1文字1円で受けているならまず1円→2円へ、また半年後に2円→3円と、複数回に分けて交渉します。

くれぐれもお客さんの立場を考えて値上げ依頼しましょう。

単価交渉テンプレート

〇〇様

いつもありがとうございます。

1点ご相談があります。

可能であれば、1文字あたりの単価を上げて頂けないでしょうか。

これまでテキスト納品でしたが、単価を上げて頂ければWordPressへ直接入稿します。

また、〇〇様が確認後すぐ公開できる状態まで、パーマリンクやメタタグの設定も行います。

【提案内容】

現在:1文字1円

3,000文字で3,000円

次回:1文字2円

3,000文字で6,000円

〇〇様とは3ヶ月以上のお付き合いがあり、これからもできる限り長期にわたって貢献できればと思っています。

また、〇〇様からの希望も承りますのでお気軽にご相談ください。

ご検討よろしくお願いします。

おまけ:どうしても単価交渉できないなら

性格的に、どうしても単価交渉が向いていない人もいますよね。

実は、わざわざお客さんに相談しなくてもいい秘密の方法があります。

じゃあ最初っから教えてよ!

ごめんなさい!

特定の人しか当てはまらない対策方法なので最後にしました。

あなたはおそらく、クラウドワークスやランサーズを使っているのでは?

一般的なクラウドソーシングサイトはお客さんが単価を決めます。

だからこちらから「上げてください」と言わなければいけません。

逆に考えれば、自分で単価を決める場所で受注すればいいんです。

例えばココナラは、サービスを出品する際に自分で価格設定します。

1文字3円としてしまえば、お客さんに相談する必要はありません。

(※値上げ時に伝えなければいけないルールもないです。)

また、HPやSNSから直接依頼を受けた場合も1文字3円でお見積りを出せばいいです。

あなたが単価を決めて、「高くてもいいから」と言ってくれるお客さんを集めましょう。

まとめ:単価交渉は難しくない

ライターのほとんどが1文字1円で書いている中、3円やそれ以上で書く人もいます。

いま低単価の案件をこなしているあなたも、単価交渉のコツを知れば3円を目指せます

1文字3円への単価交渉を成功させるためのコツ

  • コツ1:信頼関係を築く
  • コツ2:効果を明らかにする
  • コツ3:仕事量を増やす

紹介したテンプレもぜひ使ってください。

どうしても単価交渉できない人はココナラや直案件など、自分で単価を決められる場所で戦いましょう。

あなたもきっと1文字3円Webライターになれますよ。