「ホームページとランディングページってどう違うの?」

Web集客を始めた人にとっては、いまいちよく分からないですよね。

ホームページ(HP)とランディングページ(LP)の違いを簡単にまとめるとこちら。

ホームページランディングページ
目的知ってもらうこと行動してもらうこと
ページ数複数1ページ 
集客方法SEO広告

ホームページとランディングページの違いやメリット・デメリットを知って、使い分けを考えてみましょう。

目的

ホームページの目的は「知ってもらうこと」、ランディングページの目的は「行動してもらうこと」。

ホームページは知ってもらうこと

ホームページではさまざまなお役立ち情報を発信していきます。

ターゲットが「困っていそうなこと」「もっと知りたいこと」を書いていき、知名度・信頼度を上げていくのが目的です。

ランディングページは行動してもらうこと

ランディングページは読み手に特定の行動をさせることをゴールとします。

  • お問い合わせ
  • 相談
  • 資料請求
  • 予約
  • 申し込み
  • 商品購入

ページ数

ホームページには複数のページがありますが、ランディングページは縦長1ページのみ。

ホームページは複数のページ

ホームページではさまざまな情報を掲載するため、ページ数も多くなります。

新しい情報が増えた場合は記事を編集したり、記事を追加したり。

  • お役立ち情報(ブログ)
  • 事業概要
  • 事業内容
  • 実績・事例
  • サービス内容

ユーザーがホームページ全体を自由に回り、自分の欲しい情報を集めていく形です。

記事をどんどん読んでもらうために、「おすすめ記事」など内部リンクを貼ります。

ランディングページは縦長1ページ

ランディングページは縦長1ページで完結します。

理想的な順番で情報を伝えることで、購買意欲を高めます。

  1. 悩み・共感
  2. メリット・ベネフィット
  3. 実績・事例
  4. クロージング
  5. CTA(コンバージョン)ボタン

他の記事へ離脱させないためリンクはほぼありません。

集客方法

ホームページの集客方法はSEO、ランディングページは広告がメインです。

ホームページはSEOで集客

情報を発信し続けることで情報量が多くなり、自然と上位に表示されるようになります。

お金はほぼかからないものの、時間がかかるのがデメリット。

早くても半年、遅くて1年。

ページの質が高くなければ、1年経っても上位に表示されないこともあります…。

ランディングページは広告で集客

ランディングページは商品やサービスを売るためのページ。

そのため情報の網羅性はなく、検索上位は難しくなります。

リスティング広告やSNS広告を利用して検索結果に表示させて、クリックを促します。

多少お金はかかりますが、すばやく集客できて、売上にもつながりやすいのがメリットです。

まとめ

今回はホームページとランディングページの違いについて紹介しました。

ホームページとランディングページの違い

目的:「知ってもらう」か「行動してもらう」か
ページ数:複数か1ページか
集客方法:SEOか広告か

それぞれメリット・デメリットがあるので、理解した上で使い分けましょう。

広告にあまりお金をかけられない個人事業主は、まずはホームページを作ってみてはいかがでしょうか。